TOP > 中学生コース > 3年生

中学生コース 成功する力を、試練に打ち勝つ力を持とう!

中学3年生 受験にむけて総まとめの学年です。がんばれ中学3年生!!


国語

入試に必要な「知識力」「読解力」「表現力」に関する内容を完全に網羅します。1年間かけて今まで学習してきた内容もくり返し定着させていきます。入試はもちろん会場テスト対策も、アクティブラーニングによる定期テスト対策も万全です。

[ポイント]
●入試に出てくる単元をすべて学習できるカリキュラムです。3年生の内容だけではなく、全学年の内容について学習します。
●国語は学習の仕方がわかりにくい教科です。毎回の授業でポイントをしっかりおさえていくことで国語力向上を図ります。
●家庭学習では、知識問題を中心にきちんと記憶することを重視します。そして、次回の授業で確認テストを実施し、内容の定着を図ります。
●学校のテスト前には、アクティブラーニングによる定期テスト対策を実施します。
●文章の種類や単元ごとに整理されたこうゆうかんのオリジナル教材を使用します。

数学

「数学が苦手だ」という生徒も少なくないと思いますが、こうゆうかんの数学なら、各講習会のたびに全学年の復習をしながら進めるので無理なく学習することができます。また、2学期前半という早い時期に全単元を終了させることにより、入試への取り組みや定期テストの対策も万全な形で行うことができます。

[ポイント]
●2学期前半に中3で習う内容をすべて終わらせ、そこから受験の対策に取りかかります。早めに終わらせることによって、受験で出題される各単元が融合された問題を解く力をつけていきます。受験で成功するのに、絶対有利になります。
●入試から逆算し作成した、合格する力をつけるカリキュラムです。
●授業→確認テストのくり返し学習により、確実に記憶させ定着することを目指します。
●日常の学習から受験対策まで幅広く使えるオリジナル問題集と教師の研究により開発された教材を使用。
●定期テスト対策時や講習明けは、能動的学習を身につけられるよう、こうゆうかん独自アクティブラーニングを行っています。


英語

受験で必要な能力は「単語・熟語」「文法」「発音・リスニング」 「長文読解」。
これらを完璧に網羅したカリキュラムとシステムで受験生をバックアップし、第一志望校合格へと導きます。

[ポイント]
●9月までに中3で習う「現在完了」「分詞」「関係代名詞」「間接疑問」など全ての文法単元を終了。その後は長文読解と総合問題学習で、入試に通用する実践力を養います。
●長文読解が入試でのキーポイント。「実力完成問題集α」を使用して、2・3行程度の読解練習から学習していきます。隔週で公立リスニング、長文和訳を行い、実践力を身につけます。
●最上位校の入試では、指導要領外の項目も出題されます。最高水準クラスでは、こういった「過去完了」「話法」「仮定法」「関係副詞」「原型不定詞」なども取り扱っていきます。


理科

2学期からの会場テスト、そして高校入試で通用する知識の整理と実践力の養成を行います。中1から中3までの全範囲を学習し、基礎の徹底と公式・原理の活用といった要点、作図・記述などの入試のポイントも指導します。

[ポイント]
●理科は、単元ごとで得点力に大きな差が生じます。そのため中1内容からくまなく学習します。
●写真資料・図をつかったまとめを駆使し、わかりやすく定着させます。
●作図・記述対策といった入試のポイントも重点指導します。
●アクティブラーニングによる定期テスト対策を実施します。
●オリジナル教材を使用、授業→宿題→確認テストの流れでくり返し学習します。

社会

難解な経済分野では、景気循環や需要・供給曲線などの資料を通して読解力を伸ばします。また、1・2年の復習となる地理・歴史では、基本の徹底と豊富な問題量で勝負します。

[ポイント]
●三分野の社会科用語はもちろん、資料読解や記述問題を通して、会場テスト・高校入試で通用する実践力を養います。
●1・2年で学習した地理・歴史の総復習と3年の公民分野を学習します。
●授業→宿題→確認テストの流れで、知識の定着を図ります。
●資料問題や記述問題の豊富な問題集を使用します。基礎となる用語をくり返し学習します。


科目 時間数 通塾日数
5科 英・数・国・理・社 英語(85分)、数学(85分)、国語(85分)、理科(85分)、社会(85分) 週4日
3科 英・数・国 英語(85分)、数学(85分)、国語(85分) 週3日

定期テスト対策

高校入試の内申点アップのために学校成績を軽視することはできません。
定期テストで確実に得点していく必要があります。定期テスト前にはアクティブラーニングを実施し、着実に成績を向上させていくことを目指します。


無料体験授業はこちら 資料請求・お問い合わせはこちら

このページのTOPへ