TOP > 喜びの声・合格実績 > 喜びの声

喜びの声・合格実績 

喜びの声を検索する

こうゆうかんの生徒たちからの喜びの声を内容別に検索できます。

検索結果

8417件中41-50件を表示


2019年度photo

塾生  小針北小学校 男子 :小学5年生進学コース

(生徒本人)

算数の筆算を3回やってなるべくまちがいないようにしてる。国語は1回で全部できた。国語はいっぱいべんきょうをした。最後のテストは前かいのテストより点数をあげる。


2019年度photo

塾生  小針北小学校 男子 :小学4年生進学コース

(生徒本人)

ぼくはべんきょうをがんばりました。ぼくは毎日べんきょうしてテストで100点をとりたいです。


2019年度photo

塾生  小針北小学校 女子 :小学4年生進学コース

(生徒本人)

いろいろなことをまたつづけてテストで100点をとりたいです。


2019年度photo

塾生  小針北小学校 女子 :小学4年生進学コース

(生徒本人)

もっと3年生でならったことをかんぺきにして、テストを合かくできるようにがんばりたいです。


2019年度photo

塾生  小針北小学校 女子 :小学5年生進学コース

(生徒本人)

これからはもっと沢山うかりたいです。ふつうよりも少しすくないのでもっとがんばっていきたいです。


2019年度photo

塾生  小室小学校 男子 :小学5年生進学コース

(生徒本人)

まだまだ合格していないところがあるので、予習をしてうかりたいです。


2018年度photo

治居 奈月美 鶴ヶ島西中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

             【 冬合宿・正月特訓体験談 】

 正月特訓をふりかえってみて学んだことが2つあります。1つ目は感謝の気持ちです。確認テストを受けている時にはリーダーたちが応援してくれ、合格した時には一緒によろこんでくれ、不合格になった時には、前向きになる言葉をかけてくれてリーダー達にはたくさん支えてもらいました。なのでリーダー達には感謝の気持ちでいっぱいです。最後まで応援してくれたリーダー達の姿はとてもかっこよかったです。また、朝親がいってらっしゃい、や頑張ってね、と送り出してくれたことにも感謝したいと思います。今回の正月特訓を支えてくれた人々に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
2つ目は、感謝の気持ちをどうやって伝えるかです。今回の正月特訓では、たくさんの支えてくれた人々に感謝しようと思いました。そこで、この感謝をどうやって伝えるか考えました。それは合格することによってこの感謝を伝えられるのではないか、と考えました。合格するためにもこれからの勉強は今までよりも頑張っていきたいと思いました。
 今回の正月特訓で学んだ2つのことを心に刻んで、これからにいかしていきたいと思います。そして、今まで自分を支えてくれた人々に感謝をし、その人たちのためにも自分の第一志望に合格して支えてくれた人たちを笑顔にしたいと思います。


2018年度photo

治居 奈月美 鶴ヶ島西中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

             【 夏合宿を振り返って 】
夏合宿を振り返ってみて、学んだことがたくさんありました。
 一つ目は感謝の気持ちです。自分たちを支えてくれている人の気持ちに改めて気づき、今までよりも、もっと感謝していこうと思いました。多分、この夏合宿に来ていなければ感じることはできていなかったと思います。また、一人ではないことも分かりこれからも支えてくれている人たちのために全力で頑張っていこうと思いました。
 もう一つは、これからが新たなスタートだということです。今回の夏合宿で味わった嬉しい気持ちや悔しい気持ちを忘れずにこれからも勉強していこうと思いました。そして、勉強の仕方を教わることができたのでそれもこれからの勉強に活かしていきたいと思います。リーダーたちからたくさんのことも学び、確認テストではあまりいい結果を残すことはできなかったけれどもこの悔しさをバネに明日から新しいスタートをきって行きたいと思います。この新しいスタートをいい形できれるように努力をしていきたいと思います。
 今回、夏合宿で学んだ感謝の気持ちとこれからが新たなスタートだということを忘れずにこれからも志望校に合格できるように精一杯の努力をしていきたいと思います。この充実した5日間で自分が成長できたことを自信に変えてこの合宿以上に勉強に取り組みもっともっと成長していきたいと思います。


2018年度photo

小川 紗那 若宮中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

             【 市立川越合格 】
            受験を通して学んだこと
私が、こうゆうかんに入塾したのは、中学1年生の1学期のときでした。この時から中2の終わりくらいまでは、勉強に関心がなくやる気もまったくと言っていいほどありませんでした。3年生になり、まだ受験モードになっていない私の気持ちを変えたのが夏合宿でした。友達できるかなーくらいの軽い気持ちで応募したのですが、リーダーやホテルマネージャーの熱心な姿を見て、がんばろうと思うことできました。夏合宿が終わった後、何度かサボってしまうときもありましたが、塾の皆が頑張っているのを見て私も頑張ろうと思えたので、仲間からとても大切な事を学びました。塾の先生、両親、本当にありがとうございました。


2018年度photo

小川 紗那 若宮中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

             【 冬合宿・正月特訓体験談 】

 私は、正月特訓に来る前、勉強しろと言われても勉強しませんでした。だから、予習も少ししか進めていなかったし、正月特訓に申し込むのを決めたのは自分なのに正月特訓に行きたくありませんでした。
 そういう気持ちのまま正月特訓1日目を迎え、1回目の数学のテストが2枚で終わるという大失態を犯してしまいました。その時になって、早く勉強しておけばよかったと感じました。英語はなんとか進みましたが数学が最悪でした。私はこの日の夜、もう同じ失敗はしないと決め、予習を頑張りました。
 2、3日目もしっかりと予習をし、確認テストも順調に進めることができました。いつもほとんど変わらない席で、ここからどうやって上の教室に行くか、を考えて勉強しました。席が変わらないので、リーダーも「ここを抜けよう」「上に行くぞ」と応援してくれてとても勇気が出ました。
 正月特訓最終日、私が苦手な理社でした。しかもどちらも2回しかチャンスがなく、しっかり予習してきたにもかかわらず不安でした。しかし、座席チェンジではぎりぎり上の教室に行けたので、とても嬉しかったです。頑張って良かったなと思いました。
 この正月特訓で、黙想の時や合格体験談の時のリーダーの言葉を忘れないでいたいです。また、自分で質問をして教えてもらったこと、アドバイスをしてもらったことを受験まで絶対に忘れません。


8417件中41-50件を表示



無料体験授業はこちら 資料請求・お問い合わせはこちら

このページのTOPへ